ペットの代表格である犬!その選び方とは!?

オスとメスどっちがいいの?

同じ品種の犬であっても、オスとメスでは違いがあります。オスの特徴は体が大きめということです。その分、運動量も多くなるため、犬と一緒に遊んだり散歩に行ったりするのが好きな人には適しているでしょう。一方で、去勢手術をしない場合には他の犬とケンカをしたり、発情期に攻撃性が高くなったりすることもあるのでしっかりと目配りをしておく必要がありますね、一方メスの場合はオスと比較するとおとなしめの性格であることが多いです。

長毛種と短毛種の違いとは?

犬にはシェットランドシープドッグやスコティッシュ・テリアのような長毛種と、ブルドッグや柴犬のような短毛種があります。長毛種の犬は毛玉ができやすいという特徴があるので、丁寧にブラッシングをする必要がありますし、定期的にシャンプーをしてあげる必要があります。また、プードルなどの場合はトリミングも必要です。そのため、手入れに手間をかけたくない人は短毛種を選ぶと良いでしょう。ただし、短毛種でもドーベルマンのようにチクチクした毛質で掃除に手間がかかる犬種も存在します。

大型犬と小型犬はどちらが良い?

大型犬は体が大きいため、運動を多くさせねばならないのが特徴です。そのため、忙しくて散歩に行く暇が無い人にはおすすめできません。また、エサ代もかかります。室内で大型犬を飼育する場合は物を壊してしまう恐れもあるので、ストレスが溜まらないような配慮が必要となりますね。一方で小型犬は運動量が少なくて済むのがメリットですね。体が小さい分気温の変化に弱いという特徴があるため、寒暖の差には気を配る必要があります。

総合ペットショップひごペットフレンドリーは、爬虫類からフクロウ、モモンガなど珍しい生態も取り扱っています。