時計をTPOに合わせて使用する!?ファッションと時計の関係について

意外と時計は目立つので服に合わせる必要がある

皆さん、腕時計を身に着ける際に、服装を意識していますか。特に意識せず、同じ時計を常につけている方もいることでしょう。しかし、手元というのは、生活するうえで他人に見られる機会が多いです。また、部分的ではありますが、意外に目立つものです。そのため、腕時計を身に着ける際には、服装との関係を考えていた方が、見た目が良くなります。例えば、お葬式の場に、金無垢の時計は良くないということは、わかりますよね。これは極端な話ですが、服装とTPOにあった時計選びは、重要であることがわかるでしょう。

何本も買っていられないという方へ

とはいえ、時計を何本も購入するのはお金がかかってしまいます。そのため、TPOに合わせてなんていられなという方もいるでしょう。そういった場合には、どんな服装にでも合う、オーソドックスな物を用意しておくと良いです。3針式で銀地の物であれば、あまり目立たずに、落ち着いた雰囲気を醸し出すので、カジュアルにもフォーマルにも使えます。また、それだけでは物足りないという方は、ブレスレットだけを、TPOに合わせて付け替えるということも可能であり、コストはあまりかかりません。

文字盤も白などの淡い色が良い

文字盤の色も、黒色や青など、濃い物よりは、白や銀といった淡い色の方が、どんな服装にも合います。また、フォーマルな場に着けていても恥ずかしくはありません。以上のような点に気を付けて時計選びをすれば、一本だけでもいろいろなシーンに対応することが可能です。ポイントは、目立たず、落ち着いた雰囲気の物を選ぶということです。仮に、前述したおすすめのうち、外れる項目があったとしても、全体から見て浮かないような製品であれば、問題はないと言ってよいでしょう。

スイスの腕時計メーカーである「ロレックス」は、1905年にハンス・ウィルスドルフがロンドンで創設しました。