どうすればいいの?時計を長く使う方法を知ろう

時計はテレビの上に置いてはいけない

時計を保管してはいけない場所には高温多湿なところがあります。それ以外にもテレビの上やパソコンの近くなどには置いてはいけません。それはどうしてかというと、機械式時計は有害な磁気の影響を受け易いのです。なので、テレビの上に置いておくとその影響を直に受けることになりますよ。こうなると正常に時計が動かなくなってしまうため、テレビの上には絶対に置かないようにしましょう。また、パソコンの他に携帯電話の近くもいけません。

時計の保護シールは剥がしておこう

時計の裏側には保護シールというものがついています。これは剥がしておかないと使っていると、汗や汚れなどがシールの隙間部分に入り込むことになるのです。こうなるとステンレスの部分にサビが出てしまうという可能性もありますよ。ステンレスのクロムが空気の中にある酸素と結合することで、不動態皮膜を作ることになるのです。この不動態皮膜がサビから守ってくれるという構造になっているのですが、シールを貼っておくとうまく機能しなくなります。

ケースやブレスは柔らかい布で拭こう

長年使っていると、ケースやブレスの部分が汗や皮脂で汚れてしまいますよね。これでは見た目が汚くなってしまうので、定期的に掃除をするといいです。掃除をするときにはあまり表面が荒い布で拭いてしまうと、ステンレスに傷が入ってしまいます。そこでこのような事にならないように柔らかい布で拭くといいでしょう。セーム革やウェットティッシュなどを使うことによって、傷をつけることなく表面の汚れを拭き取ることが出来るのです。

ショパールの時計は、機能的でありながらジュエリーのような上品さを両立させた、エレガントなデザインが魅力です。