知っておきたい!壁面緑化についての基礎知識

そもそも壁面緑化とは

壁面緑化とは、建物の外壁に植物を配置させるというものです。例えばツル性の植物を壁に這わせたような建物などは、昔からよく見かけることがあるでしょう。特に最近言われるようになった壁面緑化は、環境に負荷を掛けない方法で建物内の温度を調節するなど、いわゆるエコロジーの考え方に基づいて行われているものだと言えます。需要があるのは、主にヒートアイランド現象を起こしやすい都市部にあるビルやマンション、そして学校などの建物になります。

壁面緑化にもいろいろ種類がある

壁面緑化と一口に言っても、建物の状況や植物の種類によっていろいろあります。まず「登はん型」と呼ばれるものは、ツル性の植物を下から上へ這わせるという方法で、ネットやワイヤーなどの補助材が必要になります。次に「下垂型」と呼ばれるものは、植物を上から下に垂らすことで壁面を覆うという方法になります。そして「基盤造成型」と呼ばれるものは、壁面そのものにプランターなどの植栽基盤を設置し、植物を登はんや下垂させるというものです。また基盤造成型は早期の緑化が可能で、デザイン性も高いと言われています。

壁面緑化のさまざまな効果

壁面緑化の効果としては、まず夏場などに起こる、室内温度の上昇を抑制する効果(省エネ効果)が挙げられるでしょう。これは、植物が壁面を覆っているため建物が直接日光を浴びないことや、植物が持っている水分が蒸発することで温度が下がることなどの理由によるものだと言われています。そして建物自体については、外壁の保護効果や、防火防熱効果などもあると言われています。また癒しの効果があるなど、見た目の点でもメリットがあると言えるでしょう。

壁面緑化は、室内の温度上昇抑制の効果があります。壁面を緑化すると、直射日光が壁面に当たらず、温度上昇を抑制することが出来ます。